FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『守護天使』角川シネマ新宿シネマ2

何かお客が少なかった。

そりゃあ、カンニング竹山主演だし、竹山は頑張ってたし、仕組んだように公開に合わせてフライデーなんかもされたけど、宣伝が竹山一本槍ってのは無理があるでしょ。何で『キサラギ』監督の次回作というキャッチーなコピーを全然、使わなかったのかが、さっぱり分からない(私が気付いていないだけで実際は使っていたのか?)。

荒筋は、メタボ中年にして屈指のダメ男、竹山がネット犯罪に巻き込まれるキラキラピュアピュアの忽那汐里(クツナシオリ)ちゃんを守る為に大活躍をしようとするものの七転八倒。仲間のヤクザと引きこもり少年の力を借りながら、必死に頑張る、という物。

『キサラギ』の前作『シムソンズ』も好きなので、今作に関してどうしても点が甘くなってしまう感はあるが、それでも、ちゃんと面白い物に仕上がってた(ただ色々とギクシャクしてる部分があって前2作よりはランク単位で落ちる)。

カンニング竹山は好演です。彼はこの映画の中での彼の使命をせいいっぱい果たしている。それで全然OKです(演技的には、いつもと同じ。『感染列島』に出てた竹山と同じ人間、つまり竹山本人です。ただ『感染列島』はバラエティ同様、キレキャラだったけど)。
佐々木蔵之介は当たり前にいい。
出番はそんなに多くないけど、大杉漣が久々に弾けた大芝居で気持ちいい。

忽那汐里(クツナシオリ)ちゃんは何もやらされてないし、やってないと思うけど、その存在が映画にマッチしてて、全然OK。これは儲け役だけど、やれる人間はある程度、限られてるから彼女は彼女でよかった。ポッキーのCMより、この映画の汐里ちゃんの方が好きよ。

【銭】
角川シネマ新宿は水曜1000円均一。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/628-7fbe7bda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)