fc2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『シラノ』トーホーシネマズ日比谷8

◆『シラノ』トーホーシネマズ日比谷8

▲技もののいい図案。「あれ、シラノなのに鼻が大きくないな」と思わせる。で、答合わせは同じ図案の中に含まれてる。鼻はそのままで、でつかいペニスケースを付けたシラノが出てきても面白いかもしれん。

五つ星評価で【★★★非日常を煽るもう一つの手法】
ツイッターでの最初の感想(↓)

原点にほぼ忠実だけど、シラノの容姿改変が凄く効果をあけている。個人的に今一つ乗り気になれないのはロクサーヌが私の中ではあーではない。

と、うおー、ここから物凄く書いた感想レビューが全部吹っ飛んだ。
下書きの定期的な保存機能もオンしてるのに何で、どーして、何も残ってないのと思ったら、何らかの理由で通信が途絶しているとサーバー側に下書きが残されないらしく、そのタイミングで原稿が吹っ飛ぶと素晴らしくデリシャスに何も残らない、という事らしい。まあ、それはそうなんだろうけど、通信が途絶しているかいないかはパッと見、分からん。こえーよ、ちょっと。まあ、自決覚悟でレビュー書いていくか(書き直していくか)。

シラノをあーした事については、とても効果が上がっていたと思う。つまり、本来、シラノは恋愛対象外規格でありさえすれば、アホの坂田師匠でもいいし、宅八郎でもいいし、ホーキング博士でも良いのだ。ホーキング博士だと剣豪設定が活きないかもしれないが、アホの坂田師匠や宅八郎でも剣豪には見えないだろう。そのラインは脚本でカバーできると思っている。と言うか、今回のシラノ氏も従来の作品に比べると剣豪的な意味ではそんなに強そうには見えなかった。剣豪設定を残すなら、そこはちゃんと強く見せなければダメでしょ。ただ、外面的な強さがそこそこになった代わりに、内面のコンプレックスが物凄く見えやすくなったのはよかった。恋敵である伯爵の到着と同時に煩悶するシラノの内面が伯爵と一体化しそうなミュージカル演出にはちょっと興奮した。意地悪だよねえ。
身体だけの男ジュリアンもニグロボディーで身体だけを体現って、それは下ネタ的に失礼かもしれん。
そして、私、シラノが愛するロクサーヌが変に行き遅れたおばさんみたいでイヤ。そこはジュリアンと双璧をちゃんと成す美カップルでないとシラノとの対比が活きない。美女を寄こせよ、美女をよ(失礼は承知で)。
シラノを演じたピーター・ディンクレイジ氏が痩せて精悍さを増した丹古母鬼馬二氏的な風貌だったので、フランスの話なのに、フランス味を感じなかった。まあ、そもそも英語で語られるとフランス風味は薄れるのだが。やはり、フランス男はブリーフに髭なしでナヨナヨしてるというイメージなので。ピーター・ディンクレイジ氏ふんどし似合いそうじゃん。
ところで、『ウェスト・サイド・ストーリー』以上に「ミュージカル」が縦横無尽に炸裂している。登場人物は感情が高まると既得権益であるかのように歌い出す。そこに違和感を感じないのはそもそもシラノの物語が『ウェスト・サイド・ストーリー』のように現代性やリアルに引っかかる話ではないからだろう。絵空事の物語とミュージカルは合う。だから無駄にミュージカルに振ってある演出をこっちでは楽しめた。

みたいなところで、又、冒頭のダメが再発。ちゃんと原稿テキストで逃がしといたがや。何となくであるが、みんながネットをだらだら見てる土曜から日曜に掛けてとか、リソースが不足して、通信途絶みたいなのが起こるのかもしれん。何にしても辛い事よのう。


【銭】
トーホーメンバーズデー週間で1200円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
シラノ@ぴあ映画生活
▼次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です(一部TBなし)。
シラノ@ノラネコの呑んで観るシネマ
スポンサーサイト



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

コメント

こんばんは

うん、単に鼻がでかいだけのシラノより、今回の小人設定の方が肉体的なコンプレックスがはっきり分かる。
以前のはなんでそんな悩んでるのか、いまいちしっくりこなかった。
夫が小人、だからシラノを小人にしよう!と思ったエリカ・シュミットの慧眼。

  • 2022/03/14(月) 22:04:19 |
  • URL |
  • ノラネコ #-
  • [ 編集 ]

Re: こんばんは

コンチハ、ノラネコさん。

> 夫が小人、だからシラノを小人にしよう!と思ったエリカ・シュミットの慧眼。

ホドロフスキーの「エル・トポ」の奥さん役が確か、実際に妻だって聞いた気がするのだけど、ロクサーヌが小人と言うのは難しいだろうなあ。何にせよ、今の奥さんとは違うらしい。

  • 2022/03/15(火) 09:36:26 |
  • URL |
  • fjk78dead #-
  • [ 編集 ]

途中でレビュー吹き飛びお疲れさまでした
ロクサーヌ、自分はそんなに「誰がいい」とかいう希望はないんですけど、もうすこしきらびやかなお顔の人がよかったということでしょうか。石原さとみとか

  • 2022/03/30(水) 21:44:27 |
  • URL |
  • SGA屋伍一 #TyXokUWg
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんちは、伍一どん。

> ロクサーヌ、自分はそんなに「誰がいい」とかいう希望はないんですけど、もうすこしきらびやかなお顔の人がよかったということでしょうか。石原さとみとか

「誰?」って言われるとムズいな。でも、ちんちんがなければいいって問題でもないし。時と場合によっては、ちんちんがあっても合格にしたりするし。うーん、修行して出直してきます。

  • 2022/04/01(金) 05:53:33 |
  • URL |
  • fjk78dead #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/6321-9dd8b59e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

シラノ

17世紀フランス。 騎士シラノ・ド・ベルジュラックは優れた剣の腕前と詩の才能を持っており、仲間から絶大な信頼を得ていた。 しかし外見に自信が持てず、愛する女性ロクサーヌに告白できずにいる。 シラノと同じ隊に配属された青年クリスチャンに恋をしたロクサーヌは、シラノに仲立ちを依頼。 シラノは文才がないクリスチャンに代わって、ロクサーヌへのラブレターを書くことに…。 ラブストーリー。

  • 2022/03/22(火)12:44:29 |
  • 象のロケット

シラノ・・・・・評価額1700円

愛は純粋にして不条理。 1897年にパリのポルト・サン・マルタン劇場で初演を迎えて以来、一世紀以上にわたって愛され、世界中で舞台化や映像化された名作戯曲「シラノ・ド・ベルジュナック」を、英国の異才ジョー・ライトが映画化した作品。 本作はオリジナルの戯曲そのままではなく、エリカ・シュミットによって2019年にミュージカル化された舞台をベースとしている。 主人公の騎士にして詩人シラノを、「スリ...

  • 2022/03/14(月)21:52:02 |
  • ノラネコの呑んで観るシネマ