fc2ブログ

『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第三章』トーホーシネマズ池袋1(ネタバレ)

◆『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第三章』トーホーシネマズ池袋1

▲ずんずん可哀想な境遇に落ちるケンプさん。しかし、ガンダムのドズルさんって、あの顔でビグザムに乗って、みなから慕われる、銀河英雄伝説世界に生まれなくてよかった(いや、悪めの顔でも味のある顔はセーフなんだよな)。

※ ネタバレ要素を含む記事です。

五つ星評価で【★★★★あの人がかわいそう。でも、面白い】
要塞戦の続き。つか、やっと要塞戦が始まった(終わらないとは思わなかった)。

ケンプ氏が実に可哀想である。彼は多分よき軍人であり、実直に駒になって勇猛に勝利を重ねるタイプ。だが、顔が悪い。美形ではない。だから、勝てない。彼がミッターマイヤーの容貌を持っていれば、こんな愚鈍な負け方をする人間としては描かれなかっただろう。少なくとも戦いの駆け引きがもう少し詳しくセリフに上がっただろう。そういう贔屓な描かれ方がされないので、元々、智将ではないのだろろうが、やけに何もせず、動かず、感情を優先して負ける男みたいになってしまった。まあ、しょうがない。敗者は必要だ。あと、自由惑星同盟側でヤンを査問会に呼ぶ一番偉そうなおっさんもとても顔が悪い。そして、顔が悪いと行動も醜い。『乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です』というアニメがあるが、その言い回しを使うなら『銀河英雄伝説世界は男ブスに厳しい世界です』になる。そう言えば、この世界、女のブスは今まで一人も見た事がない。普通の容貌のモブだったら暮らしやすい世界かもしれない(あーでも、ずっと戦時なんで物価とか高そう)。

同盟側が戦争をする時、みなサロンにいるかのようにダラっと集まっているのは変だと思う。まあ、「三人寄れば文殊の知恵」側面はあるのだろうけど、戦闘に入った後にみな一カ所にいるのは非効率ではないのか? あれが全員ブレーンで、実際の戦闘に組しないとしたらしたで、賛否の表明くらいしかしないメンツもいるので、実に資金豊富な登用方法だ。なんかいいのかそれ。ムライなんて声がいいだけだろう。

イゼルローン要塞の防衛コンテンツとして出てくる移動砲台。おおっ漢字変換で移動放題と出た。大笑い。あれ四方八方に均等に配備するのが正しい。確かに主砲をやられれば戦力が低下するので、主砲近くに配備しておきたいところではあるが、逆にそこに懸念があるなら主砲近くに固定砲台、もしくは固定砲台の代用になる駐留戦力を置いておけばいい。と言うより、ガイエスブルグからイゼルローンへの一発目がイゼルローン要塞主砲もしくは指揮ブリッジなどへの一発でないのがそもそもダメだろう。距離があって正確な射撃が行えないのなら距離を詰めればよい。パッと見、イゼルローンは主砲一カ所のみ直撃すれば大打撃になるが、ガイエスブルグは数カ所攻撃しないと攻撃力が落ちない構造だ。なら、同盟側が撃ちあぐねている一発目、充分な距離を詰めて撃てばいい。
移動砲台に対する二回目の攻撃を受けてしまう同盟側もいかん。あれは敵の特殊爆弾に対して迎撃し、一次攻撃で誘爆しない爆弾を伴う破片が要塞に降り注ぎ後から爆発する事になるのだが、仮に全く同じ攻撃を受けるのなら、弾着同時の爆発でなく、弾着手前で爆発するようにミサイルを操作して攻撃すればいい。要塞から放たれたミサイルの爆発により、特殊爆弾は要塞外側に押し出されながら、外殻が破壊される。内側の要塞流体に取り込まれた後に爆発する実体の爆弾は宇宙空間を要塞の外側に向けたベクトルで浮遊し、逆に要塞を守る機雷群になる。あわよくば敵側で爆発するし、時限発火で爆発したとしても要塞や移動砲台に実害はない。戦争が終わった後、地雷撤去みたいな作業は必要かもしれないが、戦時に被害を出して爆発するよりはいい。

ヤン不在のまま要塞に帰るまで何日かかかると言ってたが、映画内ではリアルタイム2時間で帰ってきてしまうので、何日も経つてるようには全く見えない。みなさん、よく頑張りました。

ああー、それにしてもあそこで映画を切るなんて。


【銭】
1900円均一料金興行。
▼作品の概要はこの辺り見てください。
銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第三章@映画.com
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です
銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第三章@徒然なるままに
▼関連記事。
田中芳樹・銀河英雄伝説関連記事リンク@死屍累々映画日記・第二章
スポンサーサイト



トラックバック

URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『銀河英雄伝説 Die Neue These/激突 第三章』(2022)

ケンプを主将、ミュラーを副将とした帝国軍は、イゼルローン回廊にガイエスブルグ要塞を直接ワープで送り込む。迎え撃つイゼルローン要塞では、ヤンがフェザーンの姦計に乗せられた同盟軍により、査問の為に首都星ハイネセンへ召喚されていた。ヤン不在を悟られぬよう司令官代理のキャゼルヌは防御に徹し、ヤン帰還までの時間を稼ごうとするが、イゼルローンを知り尽くした帝国の攻撃の前に、一度は要塞内部への侵入を許して...

コメント

非公開コメント

プロフィールだ

fjk78dead

Author:fjk78dead
ふじき78
映画を見続けるダメ人間。
年間300ペースを25年くらい続けてる(2017年現在)。
一時期同人マンガ描きとして「藤木ゲロ山ゲロ衛門快治」「ゲロ」と名乗っていた。同人「鋼の百姓群」「銀の鰻(個人サークル)」所属。ミニコミ「ジャッピー」「映画バカ一代」を荒らしていた過去もあり。

最新記事だ
検索できるんだ
最新コメントだ
最新トラックバック(直結)だ
俺のリンク集
カテゴリだ
月別アーカイブ(タブ)
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる