fc2ブログ

『映画プリキュアオールスターズF』イオンシネマシアタス調布8

◆『映画プリキュアオールスターズF』イオンシネマシアタス調布8

▲キュアブラツクのこれでもかな男走りに萌える。

五つ星評価で【★★★★時間合わせに見たら面白かった】
そもそも浅く広く精神で見ていてTVのプリキュアは通して見た事もない。劇場版もたまに摘まみ食いする感覚で、必ず見に行ってたりはしない。でも、面白かった。
基本、「オールスターズ」と銘打ってるのでご苦労な事に全プリキュアが出るのだが、出番を均等に割り振ると一人一分貰えないので、比重が重いキャラと軽いキャラがいる。それは全然OK。むしろそうじゃないと成り立たない。いやしかし、「男の子プリキュア」がいると言うのはツイッターで聞いていたが、人魚プリキュア、宇宙人プリキュアみたいなのがいるとは思わなかった。タイトルに付いてる「F」って何だ? 「Furious(激怒)」とかか? この映画で初お目見えになるプリキュアが「Furious(激怒)」と言えば「Furious(激怒)」だ。

さて、今回の「映画プリキュア」の敵は『ドラゴンボール』の孫悟空みたいなメンタルの奴。
「おっす、みんな、おら悟空。今度の相手はぷりくあとかいう奴でメチャクチャ強いらしいぞ。おらあ、ちょっとワクワクして来たぞ」的。この「戦い」こそが人生の全てである相手に、「戦い」以外の概念を教え込まなければいけない。その為には逆説的ではあるが、相手に勝つことだ。相手強い。伊達に悟空じゃない(映画内では孫悟空全く無関係です)。

相手の強さに臆さず、巨象に挑む黒蟻の群れのようなプリキュア。うむ。この弱さと強さのバランスと「勝ちゃあいいのよ。勝ちゃあ。数で圧倒するのも正義に他ならない」という危ない感じと切ない感じの同居が美しいわ。そして、敵に組するマスコットキャラクターの心の闇に泣く。これはなかなか『シザーハンズ』。みんな頑張れ。あ、でも、子供に配られるミラクル・ライトは映画館ではたいへん邪魔なので、そこは頑張らないでくれてもいい。


【銭】
イオンシネマは55歳からシニア扱いで1100円。
▼作品の概要はこの辺り見てください。
映画プリキュアオールスターズF@映画.com
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィールだ

fjk78dead

Author:fjk78dead
ふじき78
映画を見続けるダメ人間。
年間300ペースを25年くらい続けてる(2017年現在)。
一時期同人マンガ描きとして「藤木ゲロ山ゲロ衛門快治」「ゲロ」と名乗っていた。同人「鋼の百姓群」「銀の鰻(個人サークル)」所属。ミニコミ「ジャッピー」「映画バカ一代」を荒らしていた過去もあり。

最新記事だ
検索できるんだ
最新コメントだ
最新トラックバック(直結)だ
俺のリンク集
カテゴリだ
月別アーカイブ(タブ)
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる