fc2ブログ

『マーベルズ』ユナイテッドシネマ豊洲1

◆『マーベルズ』ユナイテッドシネマ豊洲1

▲それぞれのコスチュームの質感が素晴らしい。

五つ星評価で【★★やはり雑い】
何でも監督が映画に初登場のキャラクターもいるけど初見の人でも大丈夫と豪語したらしい。大丈夫じゃないよ。ちょっと身贔屓だろう、それは。映画を作る側はドップリ物語の中に浸かりながら作るから、その物語に初見の観客が自分達と違ってドップリ物語に浸かっていないのを失念している。位置を見誤ってるとしか思えない。
キャプテン・マーベルとニック・フューリーと猫もどきは分かる。分かるけど、知っているというだけであって、本当に分かっているのかと言われれば心もとない。オリジナルとなる映画である『キャプテン・マーベル』は4年も前の映画で、もう内容がうっすら状態だ。敵役もその遺恨も分からない。敵とキャプテン・マーベルの遺恨については提示されるけど、実際、何があったのか分からないのでその遺恨が正当か逆恨みかも分からず、話に乗りにくい。マーベルズの他の二人は分からない。それぞれベースになる配信ドラマがあるらしい。でも、それは「ウルトラマン」の映画を見に行ったら「突撃ヒューマン」と「流星人間ゾーン」が助太刀に来たようなもので豪華かもしれないが「単に押し切ってしまえば勝ち」みたいに見えてしまう。敵も味方も、戦う理由も、説明不足なので、気持ちが乗らない。それぞれがそれぞれの物語を持っているのだろうが、それが思いっきり省略されているので、ともかく近くにいる三人が全員ヒーローだったので力を合わせて、難癖を付ける恨む人達を退けました、みたいになってしまっている。難癖を付ける恨む人達と敵対する人達がいて、どちらがパレスチナで、どちらがイスラエルかが分からない。
ミズ・マーベルの腕輪とダー・ベンの腕輪が対になっているけど、その出自も分からないし、マーベルズの三人が入れ替わるのも、入れ替わりがなくなるのも、不思議な事が起こってるとしか言えない。説明しろよ。

主役のキャプテン・マーベルことフリー・ラーソンの存在感は抜群。
黒アフロモニカ・ランボーのテヨナ・パリスはベースの物語を見ていないのでどんな人か、その人となりが分からなかった。立派な人なんだろうなあ程度。
マーベルズ最年少のミズ・マーベル(=カマラ・カーン)のイマン・ベラーニは最大の共感キャラとして、観客との温度差を埋める位置付けの役なのだが、ジャングルポケット斉藤慎二に顔と演技の張り方がソックリと思ってしまったら好きじゃなくなってしまった。絵がうるさいのよ。

▲「はーーーーーい」と言いそう。

悪役のダー・ベンのゾーイ・アシュトンは良い貫録だったが、いかんせん彼女をキャプテン・マーベル憎しと駆り立てる原動力が明確でないので、映画内でとても損している。

▲ゾーイ・アシュトン、安藤玉恵に似てる気がする。

エンドロール後に上がる二つのミニ予告も個人的にはワクワクすると言うより疲れた。
まだ手を広げようというの?
「友達の友達は友達だ」みたいにヒーロー同士をリンクするのは、後から大集合的な物語への布石なのだろうが、そういう話とは別に、独立して語られる話に魅力がないと客は離れていくと思う。


【銭】
ユナイテッドシネマのメンバーポイント2ポイントを使った割引で1000円。
▼作品の概要はこの辺り見てください。
マーベルズ@映画.com
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です
マーベルズ@或る日の出来事
マーベルズ@徒然なるままに
スポンサーサイト



トラックバック

URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

マーベルズ

キャプテン・マーベルの“ある過去”を憎み、復讐を誓う謎の敵が現れる。 その狙いは、地球をはじめ彼女が守ってきたすべてを滅ぼすことだった。 一人では救えない危機が迫るなか、彼女を家族のように慕う敏腕エージェント〈モニカ・ランボー〉、彼女に憧れるアベンジャーズオタクの高校生ヒーロー〈ミズ・マーベル〉と、3人が入れ替わる謎の現象が発生する…。 SFアクション。

「マーベルズ」

マーベルコミックなんだから、コミカルでいいんじゃない?

コメント

非公開コメント

そやなー

よくわからないところは、そういうことなんやろな、と流し流され、女子会とニャンコで、きゃっきゃしてきました。

Re: そやなー

こんちは、ボーさん。

> よくわからないところは、そういうことなんやろな、と流し流され、女子会とニャンコで、きゃっきゃしてきました。

女子会とニャンコはよかった。

No title

これに関しては監督の「嘘吐き!」ってことになるでしょう。
キャラの説明なさすぎ。
ニック・フューリーの、和解交渉が云々っていう思わせぶりな台詞も宙に浮いたまんま。
『ワンダヴィジョン』と『MS.マーベル』と『シークレット・インベージョン』の鑑賞前提だからなあ。
あ、オマケシーンも含めれば『ホークアイ』も見ておかないとね。

逆に、これらを見てると通常鑑賞よりはワクワク感・期待感がマシマシにはなるんだが…。

Re: No title

こんちは、エクスカリバーさん。

> 逆に、これらを見てると通常鑑賞よりはワクワク感・期待感がマシマシにはなるんだが…。

ジョージ秋山しばりとかだと難しい。『浮浪雲』の前提で『デロリンマン』『ザ・ムーン』『花のよたろう』とか。そんなんマシマシでも全部踏破できん。
プロフィールだ

fjk78dead

Author:fjk78dead
ふじき78
映画を見続けるダメ人間。
年間300ペースを25年くらい続けてる(2017年現在)。
一時期同人マンガ描きとして「藤木ゲロ山ゲロ衛門快治」「ゲロ」と名乗っていた。同人「鋼の百姓群」「銀の鰻(個人サークル)」所属。ミニコミ「ジャッピー」「映画バカ一代」を荒らしていた過去もあり。

最新記事だ
検索できるんだ
最新コメントだ
最新トラックバック(直結)だ
俺のリンク集
カテゴリだ
月別アーカイブ(タブ)
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる