FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『それでも恋するバルセロナ』ギンレイホール

ウッディー・アレンのラブ小噺。

ウッディー・アレンもいい年こいて(いい年でしょ)、いい意味でも、悪い意味でも、お盛んで相変わらずだ。まあ、作品を発表し続けられるだけでもめでたい。個人的には『SEXの全て』とか『泥棒野郎』とか、初期の単なるくだらない映画たちが好きなんだけど、ニーズがないから、今更、作れないだろうなあ。

チョコチョコ挿入されるナレーションがオシャレっぽくて、それでいて、そう垢抜けている訳でもなくって、ちょうどいい。
ペネロペ・クルスは、あの顔と、あの役で、中盤以降、映画を乗っ取ってしまった。

結局、とどのつまり、大した映画じゃないのがいい結果を生んだんだと思う。

【銭】
ギンレイホール会員パスで入場。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
それでも恋するバルセロナ@映画生活
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/878-7b015389
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)