FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『犬と猫と人間と』ユーロスペース2

『時計仕掛けのオレンヂ』のアレックスみたいにしてでも、これからペットを飼うという人全員に見せたい映画。

さて、劇場の切符売場で「『馬と犬と人間と』を1枚」と間違えて言ってしまいそうだ、という、とっても個人的な葛藤と恐怖感を抱えつつ、鑑賞(言わんかった助かった)。

上記に関する詳細は右記参照→『馬と犬と人間

という事で、過度の興奮は呼び起こさないけれど(たりめーだ)、とってもいい映画でした。最近、単に映像素材を流すだけでドキュメンタリーと言い張る、頭の悪い映画が多い中、どうすれば観客が理解しやすく、どうすれば観客に伝えたい気持ちが届くのかを、ちゃんと整理して提示しています。

「ペット大国だがペット天国ではない」
この問題と、その現状、現状を変えられるかもしれない展望が描かれています。

で、偶然、オマケにくっ付いていた映画鑑賞後のトークショーで分かった事として、テレビでこの問題(大切にされないペットや、捨てペット)を取り上げると、確実に視聴率が下がるんだそうです。つい、目を背けてしまう。だから、なかなかテレビでは取り上げつらい。なので、この映画を観てください。

同様にトークショーで監督の対話相手が言ってた事に、やっぱり踏み込む(映画を観る)のには躊躇があった。でも、観たら心配する事は何もなかった。これも印象的でした。ヘビーな題材です。現状は統計を見るだけでも悲惨と分かります。でも、この映画では、次から次へと、ひどい事、悲惨な事が描かれて、辛い現実を見せ付けられる、そういう作りにはなっていません。普通に観れます。ホッとするシーンも多いです。だから、心配せずに観に来てください。


【銭】
ユーロスペース会員カードに付いてる有料入場時にたまるポイント8ポイントを使って無料入場。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
犬と猫と人間と@映画生活
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/880-979fb182
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)