FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

サークルKサンクス・シェリエドルチェ「ざくざくナッツのショコラ」

こりゃあ農耕もとい濃厚だ。

濃厚で濃厚でもう本当にたまらん。
私がチョコに求めるものは濃厚さなのだ。
もう大満足。

3食昼寝にネット付き、プラス、この「ざくざくナッツのショコラ」を1日1個、誰かこんな条件で、ヒキコモリとして雇ってくれないかなあ。そうだよなあ。ヒキコモリが職業だったら、夢の職業だなあ。誰か上手いことシステムを作って、ヒキコモリを職業として確立させてくれたりしないかなあ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
「俺はプロのヒキコモリだ。俺のヒキコモリの報酬はざくざくナッツのショコラ、ただ一つ。今日も俺はヒキコモリ依頼の電話を待つ」
RRRRRR
「はい、プロ・ヒキコモリ、ヒキコモリ斡旋、みなさまの会社・共友サービスです」
「あの、イケメンのヒキコモリの方を届けて欲しいんですが」
「できません(即)」
「は?」
「ヒキコモリなので部屋の外には出られません」
「はあ? ダチのヨーコはすんげえイケメンのヒキコモリ彼をGETしてブイブイ遊びまわってるって言ってたんだけどぉ」
「それは、ブームに便乗したエセ・ヒキコモリです。真性のヒキコモリは出歩いたりしません。そもそも・・・」
ガチャン
「ふん、分かってないバカ女め。だが、俺はやる。俺は、このヒキコモリが世間の話題になっているこの今の時世の間隙を縫って大きなビジネスに繋げてみせる。その為にもまず最初のお客を獲得しないと」
RRRRRR
「はい、プロ・ヒキコモリ、ヒキコモリ斡旋、みなさまの会社・共友サービスです」
「あの・・・あなたはヒキコモリの中のヒキコモリで、とても可哀想な人という噂を聞いて電話をかけたんですが・・・」
「ええ、まあ、そういう考え方も一概には否定できません」
「・・・実は、実は私、マザー・テレサの生まれ変わりなんです」

運命の出会いだった。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

こんな風にうまくいかないかなあ。
んーと、転生後が美人だったら、ガンジーの生まれ変わりでもいいよ。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/899-f760d90e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)