FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『仏陀再誕』渋谷東映①

絵が何かイラッと来る。
魂がないのに萌っぽく描こうとしているような。

宗教的にあまり詳しい事は知らないのだけど、そもそも、仏陀は再誕する物なのか。輪廻転生の仕組みから抜け出した存在が仏陀だった筈。という訳で、もしかしたら、これはバックボーンの宗教団体そのものが仕掛ける壮大な羞恥プレイなんじゃないだろうか。
恥ずかしいと思われる事を歓びに変える集団。

複雑ですね。

恥ずかしいなんて考えていたら、そもそも宗教活動なんて出来ない。組織ぐるみの解脱の第一歩だったりするのかも。でも、毎年、何か不思議な羞恥行為を映画興行で繰り返してる気もする。組織が大きくって一回じゃ隅々にまで広がらないのか。
というか、映画興行自体が羞恥を考えさせなくする修業の場なのか。

まあ、その宗教団体に只で映画入場させて貰ったから、あまり強く言うのもなんなんですが。代わりに書かされたアンケート用紙の住所・氏名欄がフリーだったのは評価します。でも、アンケート用紙の五段階評価欄に、明らかに「つまらない」とかの選択肢が欠けている項目があったのは「だっせーな」と思いました(用紙、渡しちゃったから、どの程度そうだったかは、はっきり覚えていない)。あのアンケートを使って満足率とかを宣伝するんだろうなあ。それは誠実ではない。嫌だな、誠実でない宗教団体。いや、ただ単に気づいていなかったのかもしれない。嫌だな、細かい注意力が散漫な宗教団体。

さて、映画自体の話に入ろう。
前置き長すぎた。
で、話は平べったくってつまらない。
けど、後半ニセ仏陀と再誕仏陀が満員のドーム球場で、サイキックパワー合戦をするというクラクラした展開で見せる特殊効果には冷静さを失って、思わず面白いと思ってしまった。
いや、元から歪んだ視線で観ている者をも、頷かせてしまう妙な視覚効果。頑張ってる気がするなあ。これは初期のつまらなかった平成ゴジラで、特撮だけ突出して良かったことと似ている気がする。がんばれ技術者。誰も見てない気もするけど。

【銭】
劇場前で無料モニターを募集していた(鑑賞後アンケートの記入が必須)。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
仏陀再誕@映画生活

ちなみに、お金を落とすのが嫌だから買ったりはしないけど「♪さよなら、仏陀」というサビがTVスポットでもジャカジャカ流れてたテーマソングはキャッチーなメロディーが頭の中に何回もリフレインしてしまうという弊害を起こすくらい、困った事にいい曲だ。いや、歌詞はサビしかしらないから、別に洗脳されてる訳じゃないよ。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/935-6b57814a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)