FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『風が強く吹いている』新宿ピカデリー スクリーン10だって最近、観た訳じゃない男ふじき

大学駅伝に挑むほぼ素人10人組の挑戦。

凄いなあ、林遣都。
『バッテリー』で野球、
『DIVE』で飛び込み、
『ラブファイト』でボクシング、
『RISE UP』でパラグライダー(と着ぐるみダンス)、
そして、この映画で駅伝。

なんて体育会系なんだ。

大きくないガタイがしなやかな筋肉で覆われてる。でも、よく考えたら、ここって売り手市場だから役者としてはいい選択かもしれない。企画さえあれば『テニスの王子様』『ドカベン(の里中)』、ちょっと方向変えて『プロゴルファー猿』まで、ガタイの小さいスポーツ男児を演じ放題だ。あ、でも、活躍できる期間は短いか。まあ、取っ掛かりの後は普通の役者になればいいだけだ。

小出恵介も凄いなあ。
これがノダメでアフロのカマキャラをやってる人と同じ人とは到底思えない。
声が凄くいい。独特で埋もれない。はっきりしてる。
部長キャラである。

10人の大所帯でちゃんとキャラの見分けがつくってのも凄い。
10人は大変だよ。デフォルメできるアニメと違って、実写はあくまで生身の人間だから個性化にも限界がある。無理に限界を突破しちゃうとコントみたいになっちゃうし。流石に10人全部を均等に扱う事は出来なかったけど、そんな事したら映画はいつまで経っても終わらんから、あのぐらいのバランスで適正だったと思う。

あと、制作会社の光和インターナショナル、こんなもんを撮るようになったのか、というか、自分が知らないだけかもしれんけど久々だ。俺、光和インターナショナル好きだから、これが当たってくれるならとっても嬉しい(って言いながら無料入場ですまん)。

ちなみに会社の詳細→光和インターナショナル

【銭】
新宿ピカデリー有料入場6回分のポイントで無料入場

▼作品詳細などはこちらでいいかな
風が強く吹いている@ぴあ映画生活
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/985-b06aa0cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)